MENU

お酢には消化不良予防効果があるの?

お酢で口臭を改善する事が出来るのですが、それでも改善しない場合、消化不良が原因である事が一つとして考えられます。その場合にも、お酢は効果的であると言えます。

もし、あなたの食生活が乱れている場合は要注意です。暴飲暴食気味だったり、肉類中心だったり、脂っこいものやアルコールを好んで食べていたり…。これらの食生活はもちろん、消化器官に少なからずともダメージを与えてしまうのです。

また、消化不良を起こす事で便秘にも繋がりますし、胃酸過多で胃に負担をかける事にも繋がります。胃痛も起きる場合がありますから、これらの症状を改善する事が必要でしょう。

お酢を毎日大さじ1〜2杯程度摂取する事で、胃の壁が次第に厚く、健康になっていきます。これによって胃の作用が正常に働く様になるので、消化不良を起こしにくくなるのです。お酢にはこんな効果も秘められていたのですね。

さて、お酢だと弱った胃には刺激が強いのでは?との疑問もある事でしょう。
お酢には食欲増進・食欲抑制効果もあるので、暴飲暴食で弱っている場合にはお酢は効果的なのです。空腹のシグナルを送り出す血糖値の急激な下降を食い止め、血糖値を一定値にキープする働きがある為です。

また、お酢は原液をそのまま飲用する訳ではありません。コップ一杯のお水に対して大さじ1杯を薄めて飲用するので、胃への負担は軽くなります。
更に体に負担をかけたくないのであれば、温めたお湯と割って飲む「お酢のホット割り」がお勧めですよ。

 

スポンサードリンク

 

⇒お酢の口臭予防効果

 

⇒お酢の便秘解消効果

 

⇒お酢のダイエット効果

 

⇒お酢の冷え性改善効果

 

⇒トップページへ戻る