MENU

お酢の知られざるコレステロール低下効果

お酢のコレステロール抑制効果は、割と知られている効果であると言えるでしょう。
ダイエットにも最適であると言われており、コレステロール値を下げ肥満を予防するという面でも期待する事が出来ます。

コレステロールが増えると何が起きてしまうかと言うと、血液がドロドロになり、血管を詰まらせやすくしてしまいます。また、コレステロール値の上昇は「悪玉コレステロール」が増えている事にも繋がります。悪玉コレステロールは体内で悪さをする物質となりますから、コレステロールが増えたらすぐに対応した方が良いでしょう。

さて、このコレステロール値の低下にも、お酢が一役買ってくれています。
お酢は善玉コレステロールを増やす効果がありますので、悪玉コレステロールの増殖を抑える作用が期待出来るのです。

また、血中のコレステロールの濃度を低下させ、ドロドロの血管をサラサラに変えてくれる効果もあります。このお酢の様々な効果によって、コレステロ―ル低下に効果的と言われているのです。

コレステロールの低下にはお酢の酢酸とクエン酸という成分が活躍している訳なのですが、お酢の中でも特に黒酢はコレステロール低下に大きな効果を得られると言われています。実際に高血圧や肥満で悩む方々に対して、毎日黒酢を摂取する様に指導した所、ほぼ9割の方々のコレステロール値が低下したとの報告もされている程です。

最近不摂生が続いていたり、暴飲暴食や運動不足を感じている方は、血中のコレステロール値が高くなっている可能性もあります。そんな時はお酢を取り入れ、早期に改善する様にしましょう!

 

スポンサードリンク

 

⇒お酢の口臭予防効果

 

⇒お酢の便秘解消効果

 

⇒お酢のダイエット効果

 

⇒お酢の冷え性改善効果

 

⇒トップページへ戻る