MENU

お酢に二日酔い予防効果があるって本当でしょうか?

お酒を飲み過ぎて辛い時、あなたはどんな対策を取りますか?

多くの場合、味噌汁を飲んだりウコンを飲んだり、スッキリさせる為にウコンを飲んだり…。シジミのオルニチンは肝臓にも良いとされているので、飲み過ぎた翌朝にはシジミの味噌汁を飲むという方も多いでしょう。

ですが、実はお酢にも二日酔い予防効果があったのです。
お酢には酢酸やビタミンC、アミノ酸などの豊富な栄養素が含まれています。その為様々な健康・美容効果も得る事が出来ると言われていますが、肝臓の働きをサポートし、活発にしてくれる働きもあるのです。

お酢に含まれているビタミンCは、肝臓が元気に働く為に必要な栄養素です。また、お酢の主成分である酢酸は肝臓をサポートする作用がありますから、肝臓の働きを強める事にも繋がるのです。

飲んだ後に大さじ1杯のお酢を取り入れる事も十分効果的ですが、お酒を飲む前にお水やお湯で割ったお酢ドリンクを飲んでおく事で肝臓のアルコール分解力をサポートしてくれるので、辛い二日酔いも防ぐ事が出来ます。

お酢を飲む事で肝臓の働きが強まり、アルコールの分解速度が速くなる性質もあります。その分体内に残留するアルコール量が通常よりも減少するので、悪酔いも事前に防ぐ事が出来るのです。

ある実験で飲酒の前にお酢を飲んだグループとそうでないグループに分かれて実験を行った所、飲酒の前にお酢を飲んだグループの体内アルコール量がそうでないグループに比べて少なかった事も発表されているのです。

お酢は各家庭に一本ある調味料なので、お家でお酒を飲む時は、事前にお酢を飲んでおくと翌日スッキリ起きる事が出来るでしょう。

 

スポンサードリンク

 

⇒お酢の口臭予防効果

 

⇒お酢の便秘解消効果

 

⇒お酢のダイエット効果

 

⇒お酢の冷え性改善効果

 

⇒トップページへ戻る